三学不動産:医療事業施設の開業・移転支援

感染性廃棄物の判断フロー

感染性廃棄物の判断フロー

STEP1(形状)

廃棄物が以下のいずれかに該当する。

①血液、血清、血漿及び体液(精液を含む。)(以下、「血液等」という。)

②手術等に伴って発生する病理廃棄物(臓器、組織、皮膚等)※注2

③病原微生物に関連した試験、検査等に用いられたもの(培地、実験動物の死体、試験管、シャーレ等)

④血液等が付着している鋭利なもの(破損したガラスくず等を含む)※注3

⑤対外循環用のディスポーザブル器具(透析回路(ダイアライザー、チューブ等)、人工心臓、血液回路等)  ⇒ YES

 ↓ NO(STEP2へ)

YES

感染性廃棄物

STEP2(排出場所)

次の場所において治療、検査等に使用された後、排出されたもの

①感染性病床(感染症法により入院措置が講ぜられる一類、二類感染症、新型インフルエンザ等感染症、指定感染症及び新感染症の患者に係る病床)

②手術室、緊急外来室、集中治療室、分娩室

③検査室(採血を行う室、透析室及び微生物や病理学等に関する臨床検査室(検体検査を行う室)等)  ⇒ YES

 ↓ NO(STEP3へ)

YES

感染性廃棄物

STEP3(感染症の種類)

①感染症法一類、二類、三類感染症、新型インフルエンザ等感染症、指定感染症及び新感染症の治療、検査等に使用された後、排出されたもの

②感染症法の四類及び五類感染症の治療、検査等に使用された後、排出された医療器材等(但し、紙おむつについては特定の感染症に係るもの等に限る。)

※注4  ⇒ YES

 ↓ NO(STEP4へ)

YES

感染性廃棄物

STEP4(感染性廃棄物と同等の取り扱いとするもの)

①外見上血液と見分けがつかない輸血用血液製剤(全血製剤、血液成分製剤)等

②血液等が付着していない鋭利なもの(破損したガラスくず等を含む。)

  ⇒ YES

 ↓ NO(医師等の判断へ)

YES

感染性廃棄物

STEP1~STEP4で判断できない場合(医師等の判断)

血液等その他の付着の程度やこれらが付着した廃棄物の形状、性状の違いにより、専門知識を有する者(医師、歯科医師及び獣医師)によって感染のおそれがあると判断される場合  ⇒ YES

 ↓NO

YES

感染性廃棄物

非感染性廃棄物  

出典:廃棄物の処理及び清掃に関する法律(通称:廃棄物処理法)に基づく感染性廃棄物処理マニュアルH24.5改訂版

※注1:感染性廃棄物は、人に関する診療行為や医療関係の研究活動だけでなく、人畜共通感染症に罹患又は感染した動物に関する診療行為や研究活動から発生することもある。なお、人畜共通感染症は、罹患又は感染している動物の血液等からのみ感染する訳では無いことに注意する必要がある。

※注2:ホルマリン漬臓器等を含む。

※注3:医療器材としての注射針、メス、破損したアンプル・バイアル等

※注4:医療器材(注射針、メス、ガラス製器材等)、ディスポーザブル製品(ピンセット、注射針、カテーテル類、輸液点滴セット、手袋、血液バック、リネン類等)、衛生材料(ガーゼ、脱脂綿等)、紙おむつ、標本(検体標本)等

お電話でのお問合せはこちら

022-355-9844

電話に対応できない場合もありますが、その際にはご了承ください。

電話受付時間:9:00~17:30
定休日:土曜・日曜・祝日

お問合せはこちら

022-355-9844

合同会社 三学不動産
・(公益社団)全国宅地建物取引業協会連合会
・(公益社団)全国宅地建物取引業保証協会
・(公益財団)東日本不動産流通機構会員
・(公益社団)宮城県宅地建物取引業協会
・宅建業免許:宮城県知事



代表社員:大西啓貴 資格
・経営品質協議会 認定セルフアセッサーJQAC21869
/(公益財団)日本生産性本部
・宅地建物取引士 / 登録
(東京)第240639
・医科 医療事務
・医療機関等を対象とした特別管理産業廃棄物管理責任者
/(公益社団)日本医師会及び(公益財団)日本産業廃棄物処理振興センター
・行政書士試験合格者(登録抹消)

 

弊社が入居する建物です。

合同会社 三学不動産

022-355-9844
住所

〒984-0051
宮城県仙台市若林区新寺1丁目6番8号チサンマンション第三仙台204

コピー禁止 コピー禁止