資産:土地・建物の売買(購入・売却)・賃貸借契約の代理・仲介、 施設開設事業化支援・経営管理コンサルティング:三学不動産 宮城県仙台市

合同会社 三学不動産

・お客様が欲する新しい体験への実現サポート
・お客様が欲する安心・問題解決へのサポート
・働く者自身の教養の育み、文化的な営み

 

電話受付時間
9:00~17:30
(要予約)
定 休 日
   土・日・祝日
アクセスマップ
会社概要

〒984-0051 宮城県仙台市若林区新寺1-6-8
       チサンマンション第三仙台204

022-355-9844

三学不動産

弊社、経営デザインの基礎を支える方針

Cross Matrix ” Conception Bridge ”

経営理念( Management Principle )

 

合同会社三学不動産 代表社員 大西啓貴

 経営デザインにおけるマネジメント構築の精神に対して「正当」なプロセスを重視するのか、それとも「公平」なプロセスを重視するのか、完全な二者択一ではないにせよ、そこにも「正当と公平の違い」は内在する。

Cf,due process ≠ fair process

 

 全ての人達に向けて、お客様第一と言わなくてよい。但し、ステークホルダーに対して意図的なウソをついてはいけない。

 知識能力のNetworkについて「斜め」の因果連鎖を言われるのは、経営理念や企業風土などが良い意味での組織の集団的プロセスによって浸透しなければ醸成しないものと思う。

「創発」の反対語は「計画」と言われるが、組織は経営主体として自らの背景要因と向き合い・問いかけ、判断の根拠の質を磨き上げなければ、feedforward(フィードフォワード)及び安全管理(予期しない危険・要素)・Product Liabilityを含めて、そこに自らの創発は生じない。

 人間の情動知能及び情緒的価値に基づいたステークホルダーが求める知覚品質は、理念・企業風土のもとに人が織りなす、創発から感じ取る。

 

業務上、経営の要素に対する、

それぞれの組織が欲する「目的と効果」、それを実現するための「機能の質」の継続的改善

 何故、それが必要であり、そして、何故、それを選んで実施するのか?

 

1、Management Principle(マネジメント プリンシプル)

 / 理念に基づく具現化したい基本的な考え方

・全ての人達に向けて、お客様第一と言わなくてよい。但し、ステークホルダーに対して意図的なウソをついてはいけない。そのためには、自らの言葉で明示した、欲する「目的と効果」と向き合い・問いかけ、自分自身の感受にウソをついてはいけない。

・マネジメントの源流に有る経営理念及びCorporate Governance(コーポレートガバナンス)は、人間の情動知能及び情緒的価値に基づいた多様性を持つ現実のステークホルダーの関係との整合性のもと、経営の要素に対して、業務法令だけではない様々な視点からの概要が組み込まれ、経営の要素に対する品質(クオリティ)がブラッシュアップ及びスパイラルアップされるための肝となる。

備考:直線的因果関係、多元的因果関係(多方向性、等結果性)、円環的因果関係

・「組織として何故その強みを生み出せているのか、その動きの部分が何処にあるのか、そして何処に繋がって行くのかを見つける視点」、並びに「その為に求められる組織能力の継続的改善」と、それを「認識共有する為のプロセスの品質に対する対話のモノサシ。」

 

2、Design Management(デザイン マネジメント)/ Concept,CSF

(1)Concept

 街で創られる、人と街とを繋ぐ結び目。より深く、人と街を知る。

(2)Critical Success Factor

 人が街を利用する目的によって都市が創られて行く背景に存在する、人と街とを繋ぐ結び目の意味を知り、理解すること、並びに人間の意図のもとに社会構造の変化を導かれている中で、都市に人が集まり地方が衰退していく理由を、社会心理の側面からの影響を併せて考える事によって、経営要素の重要事項にするべく追求する。

 

3、Knowledge Management(ナレッジ マネジメント)の方針

 弊社、KnowledgeManagementの思考の軸として具現化すべく、経営品質((公益財団)日本生産性本部:経営品質協議会)及びTotal Quality Managementを組み込み、「知覚品質と創発」を導き・磨き上げるためのマネジメントシステムとして構築する。

著作権者:大西啓貴
 

① Management Principle(マネジメント プリンシプル)

 組織の最上位概念である経営理念。創り上げたい企業風土や組織の存在する意義など、経営責任者が自らの言葉で明示したもの。

② Design Management(デザイン マネジメント)

 組織自らが追求する・変化を導きたい社会構造に対して、経営の要素を創造する目的の明示と、その効果の具現化。この階層における上限は事業とする。事業のコンセプト(経営要素の全体を貫く基本的な観点、考え方)を決定して明示する。

③ Knowledge Management(ナレッジ マネジメント)

 知識の経営管理における方針管理レベル。業務遂行上、組織のマネジメントシステムを構築していくにあたり、プロセスのValidation(妥当性確認)に対して、教科書や法律には書いていないこと・その方法では矛盾や不合理判断(エラー・error)が生ずるなど、現場レベルで直面する解決できない事実への問題解決並びに課題達成に対して、対象と向き合って要因・主要因・原因を理解によって得られる、経営の品質を磨き上げるための能力の醸成及び継続的改善。

 重要、重点、戦略、方針、革新、競争優位等 ⇒ これらの上位概念に存在する経営理念及び事業コンセプトとして決定した背景要因との整合性、並びにそれらを一貫する因果連鎖の具備。ナレッジマネジメントは、決して個人作業の羅列ではなく、また、個人裁量でもない。

④ Knowledge Network(ナレッジネットワーク)

 知識の繋がりの源泉。組織のマネジメントシステムを用いて、業務プロセスを遂行するうえでの日常管理レベル。人間の知識能力における暗黙知と形式知の相互の往来により知識の繋がりが形成されるための源泉。

 

 Design Management(デザイン マネジメント)とKnowledge Management(ナレッジ マネジメント)を分けた根拠として、会社法において定款事項である会社の目的(=事業)を他社に事業譲渡した又は事業の全部を廃止したとしても、それだけでは当該会社は当然には解散せず、新たな事業を立ち上げて、同一の法人格を保持したまま、別の事業を新たに立ち上げ、従来から有している有形固定資産及びノウハウ(Knowhow)などの無形資産をベースに、新たな事業に応用している事実があります。

 事業内容・作業内容が変わっても、経営者の理念・思考が変わらなければ、企業風土は変わらない(作業内容が変わる事によって人の意識が変わるのは、理念ではなく、目の前の目標である)。

チサンマンション

お電話でのお問合せはこちら

022-355-9844

電話に対応できない場合もありますが、その際にはご了承ください。

電話受付時間:9:00~17:30
定休日:土曜・日曜・祝日

三学不動産

三学不動産
ハトマーク住宅ローン・フラット35
三学不動産

022-355-9844

合同会社 三学不動産

所属団体
公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会
公益社団法人全国宅地建物取引業保証協会
公益財団法人東日本不動産流通機構会員
公益社団法人宮城県宅地建物取引業協会
宅建業免許:宮城県知事

医療:医科・歯科診療所施設開発・事業化、土地建物、既存(中古)住宅、工場・店舗・事務所、ホテル・旅館 事業化計画実施サポート、不動産マッチング