三学不動産

元利均等返済・元金均等返済

1、元利均等返済

 元利均等返済は毎月の返済額(元金+利息)が一定金額となるため、資金計画からも返済計画を立てやすい。

・固定金利型 ⇒ 毎月の返済額は返済終了まで変わらない。

・固定金利選択型 ⇒ 固定金利期間中は、毎月の返済額が変わらない。

※ 特徴:元利均等返済の方法は、毎月の返済額のうち元金部分と利息部分の内訳が返済時期によって異なるため、返済開始当初は元金の返済部分が少なく、返済を継続し続ける事により徐々に元金返済部分が増えて行く仕組みとして設計されています。

 よって、元金均等返済と比較すると、元利均等返済の方が元金部分への返済の減り方が遅く、総返済額は多くなります。

<メリット>

・毎月の返済額が一定のため、返済計画が立てやすい。

・返済開始当初は、元金均等返済と比べても、元利均等返済の方が当所の返済負担額が小さくなる(返済額が少ない)。

<デメリット>

・元利均等返済と元金均等返済、返済期間が同じであれば、元利均等返済の方が総返済額が多くなる。

・元金均等返済に比べて、元利均等返済の方が返済開始当初における融資残高の返済額(減り方)が遅くなる。

2、元金均等返済

 毎月一定の元金、及びその残元金に対する利息額を合せて支払う返済方法であり、毎月の利息額は返済が進行するに連れて少なくなるため、それに伴って毎月の返済額(元金+利息)自体が次第に少なくなる。

※ 特徴:返済開始当初から、元金返済部分に対しては元金均等返済の方が比較的多いとされ、残元金の減り方が元利均等返済よりも早く、それにより支払わなければならない利息の総額も元利均等返済よりは少なくなる仕組みとして設計されています。

<メリット>

・毎月の返済額(元金+利息)は、返済が進行するほど少なくなり、将来の返済の負担が軽くなる。

・元利均等返済と元金均等返済、返済期間が同じであれば、元金均等返済の方が総返済額が少なくなる。

・元利均等返済と比べ、返済開始当初における融資残高の減り方が早い。

<デメリット>

・元利均等返済に比べて、元金均等返済の方が返済開始当初の返済負担が重くなる。

・金融機関によっては、元金均等返済を採用していないところもある。

※補足:元利均等返済と元金均等返済、借入可能額は元金均等返済の方が少なくなる。

お電話でのお問合せはこちら

022-355-9844

電話に対応できない場合もありますが、その際にはご了承ください。

電話受付時間:9:00~17:30
定休日:土曜・日曜・祝日

お問合せはこちら

022-355-9844

合同会社 三学不動産
・(公益社団)全国宅地建物取引業協会連合会
・(公益社団)全国宅地建物取引業保証協会
・(公益財団)東日本不動産流通機構会員
・(公益社団)宮城県宅地建物取引業協会
・宅建業免許:宮城県知事



代表社員:大西啓貴 資格
・経営品質協議会 認定セルフアセッサーJQAC21869
/(公益財団)日本生産性本部
・宅地建物取引士 / 登録
(東京)第240639
・医科 医療事務
・医療機関等を対象とした特別管理産業廃棄物管理責任者
/(公益社団)日本医師会及び(公益財団)日本産業廃棄物処理振興センター
・行政書士試験合格者(登録抹消)

 

弊社が入居する建物です。

合同会社 三学不動産

022-355-9844
住所

〒984-0051
宮城県仙台市若林区新寺1丁目6番8号チサンマンション第三仙台204

コピー禁止 コピー禁止